Hatena::Groupahf

人熱?

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QLOOKアクセス解析
 | 

2014-11-07

没?   ところてん方式?

19:02

ボツ?


 ほぼ にはち空気。 酸素二割、窒素8割。 他にアルゴン0.934パーセント?と二酸化炭素0.0004パーセントと・・・。

 ほぼ二八空気を 連続体のごとくに見做せば、最後の最後 出口 たとえば宇宙空間への出口のところで 赤外放射されるってなふうにモデル化できるか どうか。

黒体 → ほぼ 2:8空気 連続体 (二酸化炭素からの赤外放射機会は万分の一)最外部のCO2外部 たとえば宇宙

 連続体の外部とは 四方八方。  地球大気が連続体とすれば その外部とは 地表雪氷上 海氷上 海上 そして 宇宙。それでも 地表へ向かうよりかは 宇宙へ向かうほうが 量が多かろう。 

  • ひとつには地表側の面積、、面積? でこぼこ面はどうか? 波頭とかはどうか?
    • でこぼこによる面積増加の話は あとで考えるとして 一旦置いといて、

単に球面とした場合、

地球は半径6000kmの球である

二酸化炭素からの赤外放射は上空12km 半径6012kmの球面から放射されている。しかも 低密度空気である 0.1気圧程度? 赤外放射頻度が より多くなり (千分の一程度?) 赤外放射として抜け出しやすくなっている。

上空12km出口面積と地表との面積比は 60122/60002=1.004004 約0.4パーセント 宇宙側が広い。

かつ 赤外放射化の頻度が 0.1気圧の上空では 地表の10倍?


気圧が10分の1ならば 密度も 10分の1ぐらいかな。

密度の計算によれば、気圧100hPa 気温-53℃のとき、密度は 0.1583kg/m3

分子間衝突機会も 10分の1ぐらいかな。

google:平均自由行程 計算

[]

単位変換と計算のページ

単位変換と計算のページ

分子間衝突も 赤外吸収も 平均距離が伸びて エネルギー移動速度も 速くなる? 

RuvellRuvell2016/05/12 00:24Dauinle,sel sito della NASA linkato, che mi pare di capire non hai aperto, le immagini sono a risoluzione migliore. E, se hai letto con attenzione, si prevede che le prossime siano di migliore qualità.

ParthenaParthena2016/05/13 02:25Very nice post. I just stumbled upon your blog and wished to say that I have really enjoyed surfing around your blog posts. After all I’ll be <a href="http://xprcpm.com">suinircbbsg</a> to your rss feed and I hope you write again soon!

 |