Hatena::Groupahf

人熱?

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QLOOKアクセス解析
 | 

2014-11-10

【疑問】CO₂成層圏からの15μm射出の駆動源が 成層圏オゾンのみによるのか 対流圏からのエネルギー供給もあるのか? 高度20kmから見て 220Kが見えるようだし どうなのかな、

19:09

どういうことなのかな、

出て行けない、入ってこれない?

クロップサイエンスさんの見立てでは 高度10メートルから成層圏下部にある 宇宙への15μm赤外放射層の下面に至るまでには 15μmの赤外線は ほぼ存在しないことになるのかな?

他方、増田耕一氏(筆名:masudako)の地球から圏外へのCO₂由来15μm放射の説明から推測すれば

8. masudako

2010年10月11日 23:42

そして、もはやそこから上に1回吸収しつくすだけのCO₂がない高さのところから(15μm帯に関する限り)そこの気温の黒体放射に近い強さの放射が宇宙空間に出ていくわけです。

気候変動・千夜一話 : CO2がふえても温室効果は強まらないという議論(飽和論)への反論 - livedoor Blog(ブログ)
15μm赤外光の宇宙への出口付近について - 人熱? - AHF?

、大気下層からのエネルギー供給があるといっているのかどうか 、、 不明か。

単に 地球圏から高度を増し 二酸化炭素密度が低下することでも、放射の系が充分絞りきれなくなり 15μmの放射が ダダ漏れ状態に陥るといっているだけのようでもある。 そのときのダダ漏れ量が 100-67=33パーセントか?


成層圏下部から宇宙へ向かう15μm放射のエネルギー源。 成層圏オゾンによる太陽放射吸収が主なのか 対流圏からの供給もあるのか。

両系統があるかもしれないし、、

 |