Hatena::Groupahf

人熱?

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QLOOKアクセス解析
 | 

2014-11-18

光音響で濃度測定できている、、  ということは、  吸収赤外線は CO2分子の変角振動(振動温度Tv)となり 直ちに分子間衝突を介して周囲空気温度を上げ 膨張させ、、

22:49

光音響 量子収率 - 人熱? - AHF?
15μm赤外線 ⇄ CO2分子の変角振動(振動温度Tv) ⇄ 空気分子の(並進Tk⇄振動Tv⇄回転Tr)温度 
「衝突の緩和時間 << 再放射の時間」 - 人熱? - AHF?:

ということらしい。

非平衡で赤外線が過剰な場合 赤外線が一旦吸収されると ほとんど 再射出されるまもなく 熱化にまわる、、

自分でも 順を追って 学習しようと思う。まずは 15μm赤外光を吸収したCO2の変角振動励起状態、 これの緩和速度をみつもらなければならないか、、

 |