Hatena::Groupahf

人熱?

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QLOOKアクセス解析
 | 

2014-11-21

断熱減率もあり、上空の気温が低く その気温に応じた空気の放射も 上向き大気放射のほうが 下向き大気放射よりは 若干大きかろう。

08:48

Re:「15μmでは地表で地球放射と同じ大きさの下向き大気放射が観測される」

大気圧大気中からの観測では観測器近傍半径5~10メートル以内空気からの15μm放射を測ることになるので、断熱減率の分だけは 上向き大気放射のほうが 大きいのではないか?

それと 本当の地表面高度ゼロmm近傍あたりでは 放射平衡は崩れているのではないかと想像しています。

これが ひいては対流の駆動源の一部ともなっているであろうと。そのほかの伝熱経路には 並進温度(いわゆる分子間衝突による剛体モデル分子の運動エネルギー)やら、 Tk=Tv=Tr

そのほか、問題となる観点のいくつか

「周囲の空気を暖めることなく」?

http://ahf.g.hatena.ne.jp/raycy/20141120/1416472722

成層圏下部あたり 15μm赤外光が発せられていると思われるあたりの温度が 成層圏オゾン層の太陽紫外線励起のみでほぼ決まるのか あるいは 対流圏からの温度やエネルギー供給の影響もあるのか
 |