Hatena::Groupahf

人熱?

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QLOOKアクセス解析
 | 

2014-11-21

江守解説では 不充分であるし 不正確かもしれない。ん?注4があったか。それでも 重点が どうなのか、、

12:40

二酸化炭素の増加が温暖化をまねく証拠

私が答えます:地球環境研究センター 温暖化リスク評価研究室長 江守 正多


(a) 二酸化炭素分子は、赤外線を吸収するだけでなく放出する

(b) 赤外線を吸収・放出する二酸化炭素分子の量が増えれば、地表に届く赤外線は増える


なぜなら、ひとたび赤外線が分子に吸収されても、分子からふたたび赤外線が放出されるからです(注4)。そして、二酸化炭素分子が多いほど、この吸収、放出がくりかえされる回数が増えると考えることができます。図2は、このことを模式的に表したものです。二酸化炭素分子による吸収・放出の回数が増えるたびに、上向きだけでなく下向きに赤外線が放出され、地表に到達する赤外線の量が増えるのがわかります。


(注4)正確には、分子が吸収した赤外線のエネルギーは分子間の衝突により、玉突きのように別の分子に受け渡されていき、別の分子から赤外線が放出される可能性が高いです。これを考えに入れても、今回の説明には本質的な影響はありません。

温暖化の科学 Q8 二酸化炭素の増加が温暖化をまねく証拠 - ココが知りたい地球温暖化 | 地球環境研究センター
Re:「これを考えに入れても、今回の説明には本質的な影響はありません。」??

私には、

江守 正多「分子が吸収した赤外線のエネルギーは分子間の衝突により、玉突きのように別の分子に受け渡されていき、」

ここが 「温室効果」といわれる筋書きにとって 重要な展開曲面だと思われるが。

特に 地表面高度ゼロmm近傍の気温を考えるならば。

赤外活性ガスが 吸収したそのエネルギーを周囲空気分子に伝えて周囲空気を暖める。ここ。温まった分だけの灰色黒体近似ランダム赤外放射しか返さない。

Re:「吸収、放出がくりかえされる回数が増える」かな?

これは 直ちには言えないかもしれないぞ。空気の黒体放射のうち 15μm波長帯は 既に二酸化炭素によってまかなわれているのだから、だとしたら、未励起二酸化炭素の密度は充分足りており 励起or未励起の吸収放出回数も 特段変わらないのではないか? 励起-未励起 確率半々な二酸化炭素が ただ増えるだけってことにはならないか?

私は より薄い地表面境界層で 地表面放射エネルギーが空気に受け渡されるようになることが及ぼす影響を 検討してみたい。

CO2倍増すれば、地表面から放たれた15μm赤外光の一回目の吸収までに要する距離が半分になるであろう。

すると 地表面ゼロmm近傍の気温は上昇するであろうし、地表面温度そのものも若干上昇するであろう。

  • (すると地表面から大気の窓を通して出て行く8~14μmだかあたりの赤外光も増える。)

この地表面近傍の状況が 対流圏LTEや  成層圏下部15μm赤外線放射層へ及ぼす影響を 検討してみたい。

  • 地表面近傍の薄層高温化で(熱密度(?)が増せば)(エクセルギーが増え) 対流が より活発化、上空への対流熱伝達率も増すかもしれない。

-

 |