Hatena::Groupahf

人熱?

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QLOOKアクセス解析
 | 

2014-11-25

シミュレーションされえられた結果を拝見し、  現状の標準理論を推察する

08:41

400ppm→800ppm

ふく射性ガスの吸収および放射を考慮した路面から人体スケール物体へのふく射伝熱解析

山田 昇 , 徳原 真弥 , 円山 重直

空気調和・衛生工学会論文集 (150), 9-17, 2009-09-05

結言

 2)現在および2100 年頃の気温,相対湿度,二酸化炭素濃度を各「35℃ ,66%,400ppm 」「40℃ ,66%,800ppm 」として,解析を行った結果,路面およびふく射性ガスから人体スケール物体に入射するふく射熱流束に顕著な差は生じなかった.また,本解析で対象とした解析スケールでは,水蒸気による吸収・放射の影響に比べて二酸化炭素の影響は極めて小さい.

CiNii 論文 -  ふく射性ガスの吸収および放射を考慮した路面から人体スケール物体へのふく射伝熱解析
吸収量が不変でも エネルギーのありよう ふぞん様態によっては エクセルギーが違ってくるかも。 - 人熱? - AHF?
  • 路面に立っている人体への 路面からの輻射は減少。
  • 人体周囲からの輻射は増加。
  • しかし、800ppmのときに気温Δ5℃の40℃を なんと与件として与えてしまっているのかな?

いずれにせよ 熱輻射を発する物体表面近傍に エネルギー密度が寄る 結果なのであろう。路面表面温度の15μm以外の赤外放射の影響が ないようなのが ちょっと意外か。でもまあ 私の想定曲線とは 一致か。

 |