Hatena::Groupahf

人熱?

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QLOOKアクセス解析
 | 

2014-12-07

定説を採れば、光が漏れ出るようになる光学的厚さ≒1となる高度が、 炭酸ガス倍増で その高度が高くなるということになろう。 これの成立or Not.

03:31

大気の高度が上がるにつれ、宇宙への外向きの長波放射が行われるようになります。これは光学的厚さが約1付近となる高度といわれています。温室効果ガスの増加はこの光学的厚さを増加させ、宇宙へ向けた外向きの長波放射を行う高度に変化をもたらすことで生じるとされています。そのため、温室効果ガスが増加すると、対流圏では気温が上昇する一方で、成層圏では放射冷却が強まるといわれています(超高層大気の冷却)。


温室効果ガスの分光学:励起状態ダイナミクス|2007年10月23日 13:31:01|マスコミに踊らされないための地球温暖化論入門:Author:TheorySurgery

温室効果ガスの分光学:励起状態ダイナミクス

定説を採れば、光学的厚さが約1となる高度が 炭酸ガス倍増で その高度が高くなるということになろう。 これの成立or Not.

15μm赤外放射が理科年表にある 11.1km~20kmの216.65K この恒温域でなされ 

高度11kmと高度20キロメートルでの 吸光の様子を考えるために、、 - 人熱? - AHF?

炭酸ガス倍増後も 長波放射が この層域でなされるのであれば、同温度ということであれば 放射量は増えるかもしれない。なぜならば 放射面積が増えるからである。

どうなのでしょうか?

赤道上空12km超や極上空などに 低温域があったりすることも あったような、、 図によっては。

倍増で どの高度で 光学的厚さ1程度となり そこの温度は どの程度であるのか になるのか。

 |