Hatena::Groupahf

人熱?

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QLOOKアクセス解析
 | 

2015-12-10

23:33

金星の来た道

 金星と地球はともに約46億年前に誕生したと考えられる。 その頃の金星には地球と同様に大量の水があって海が形成されたということはありそうなことである。 しかし地球より少し太陽に近くて暖かかった金星では、水は徐々に水蒸気となって高層大気に運ばれた後、 太陽からの紫外線によって水素と酸素に分解され、少なくとも水素は重力を振り切って宇宙空間に逃げ出してしまったのかもしれない。 そう考える根拠の一つは、金星大気では通常の水素に対する重水素の割合が地球に比べて100倍も大きいことである。 もともと金星の水には地球と同様に、通常の水素に混じってごくわずか重水素が含まれていたが、 通常の水素に比べて重さが2倍の重水素は流出しにくいため、より多く大気に取り残されたのかもしれない。


 金星の大気が大量の二酸化炭素を含むのは、このようにして海が失われたせいかもしれない。 地球では二酸化炭素は海に溶け込んだあと炭酸カルシウムとなって沈澱し、地殻に取り込まれるため、大気中での量は小さく抑えられている。 金星ではそのようなしくみが働かないために、二酸化炭素がすべて大気中に残ったのかもしれない。

金星探査機 あかつき

23:31

http://www.stp.isas.jaxa.jp/venus/sci_meteor.html

金星大気が高温である原因は温室効果にあると考えられています。

近年、地球において二酸化炭素の増大による温暖化が社会問題ともなっていますが、 これは温室効果気体である二酸化炭素が増えると大気に多くの熱が保持されるというものです。 二酸化炭素は地球大気にはごく微量(0.035%)しか含まれていませんが、金星では膨大な量の大気の主成分をなしています。 これまでの観測によると、金星に入射する太陽エネルギーの大部分は雲で反射あるいは吸収され、地表で吸収されるのはほんのわずかです。 しかし、このわずかなエネルギーをもとにして、地球とは比べものにならないほど効果的に温室効果が働いているのです。 金星は二酸化炭素による温暖化の極限の姿を示していると言えます。

重力封じ込め容器…  原始地球、原始金星… どこまで気体・大気を逃さず捉まええたかは 質量or大きさ 温度によるのでしょうかね

12:05

気体をどこまで逃さず捉まええたかは

金星と地球とでは 変数のうち 質量 大きさが似通っている できた時期も同じ頃 原初温度も同じくらいかな…

っと仮定すれば…

PV=nRT

夜間の雲が効いて温暖化している? 両面あるかな?昼には日光を遮って寒冷化、夜には放射冷却を遮って温暖化…

09:20

都市上空の夜間の雲量…

都市上空の夜間の雲量…

都市上空の夜間放熱をよくする…

寒冷化か はたまた

太陽活動が弱まると雲が増え、 地球は冷える。

サマースクール2007

はたまた 温暖化か ブランケット効果

>:title>

どっちが勝つか 決まっているのでしょうか

ところで、雲の働きですが、

昼間の日差しを遮る効果 (寒冷化方向)http://www.gis.ed.jp/gaku/55/gaku55_2.html

夜間のブランケット効果 (温暖化方向)

どっちが勝つか 決まっているのでしょうか

 |