Hatena::Groupahf

人熱?

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe() about
一覧 近コメ 近トラ SI QLOOKアクセス解析
 | 

2015-12-10

23:33

金星の来た道

 金星と地球はともに約46億年前に誕生したと考えられる。 その頃の金星には地球と同様に大量の水があって海が形成されたということはありそうなことである。 しかし地球より少し太陽に近くて暖かかった金星では、水は徐々に水蒸気となって高層大気に運ばれた後、 太陽からの紫外線によって水素と酸素に分解され、少なくとも水素は重力を振り切って宇宙空間に逃げ出してしまったのかもしれない。 そう考える根拠の一つは、金星大気では通常の水素に対する重水素の割合が地球に比べて100倍も大きいことである。 もともと金星の水には地球と同様に、通常の水素に混じってごくわずか重水素が含まれていたが、 通常の水素に比べて重さが2倍の重水素は流出しにくいため、より多く大気に取り残されたのかもしれない。


 金星の大気が大量の二酸化炭素を含むのは、このようにして海が失われたせいかもしれない。 地球では二酸化炭素は海に溶け込んだあと炭酸カルシウムとなって沈澱し、地殻に取り込まれるため、大気中での量は小さく抑えられている。 金星ではそのようなしくみが働かないために、二酸化炭素がすべて大気中に残ったのかもしれない。

金星探査機 あかつき
 |